2017年02月15日

【受取報告】千葉県千葉市S様

平成29年2月5日、流山の高井寺寺務所にて、千葉市S様からの仏像を受け取りました。
領収書は本日発送しました。遅くなりまして申し訳ございませんでした。
2月17日(金)に長野の本堂でお勤め、お焚き上げを行う予定です。
終わりましたらまたこのブログでご報告いたします。

DSC_0350.JPG
posted by 副住職 at 17:26| Comment(0) | 受け取りました

2016年12月21日

【受取報告】神奈川県秦野市M様

平成28年12月16日 長野の本院で仏具・人形等お預かりしました。
年明け平成29年1月中旬頃長野で法要・お焚き上げ予定です。
もうしばらくお待ち下さいませ。

よいお年をお迎えください。
posted by 副住職 at 10:50| Comment(0) | 受け取りました

2016年12月12日

【法要完了報告】平成28年11月18日

平成28年11月18日(金)長野県高山村の高井寺本堂にて、埼玉県坂戸市H様、新潟県上越市H様、東京都練馬区K様、長野市S様のご遺品や仏像・お位牌などの感謝の法要をお勤めしました。

DSC_0277.JPG
埼玉県坂戸市H様


DSC_0279.JPG
新潟県上越市H様


DSC_0284.JPG
東京都練馬区K様


DSC_0285.JPG
長野市S様はお持ち込みいただきました。

内陣にお飾りして法要をお勤めしました。
※法要中の写真が撮れませんで申し訳ございません。
DSC_0291.JPG

DSC_0293.JPG

埼玉県坂戸市H様からお預かりしました仏像は内陣にお奉りいたしました。
DSC_0295.JPG

法要終了後、境内の焼却場でお焚き上げをしました。
DSC_0299.JPG

DSC_0308.JPG

DSC_0310.JPG

皆さまの色々な思いがこもっている品々。
ねんごろにお勤め、そしてお焚き上げさせていただきました。

『涅槃経』の中で

「一切衆生 悉有仏性(いっさいしゅじょう しつうぶっしょう)」

とあり、

「生きとし生けるものはすべて生まれながらにして仏となりうる素質をもつ」

ということが説かれています。

各宗派諸説ありますが、ここから古代日本では、

「山川草木 悉皆成仏 (さんせんそうもく しっかいじょうぶつ)」

という、

この世に存在するすべてのものが、私たちを本来の姿に立ち返らせようとして、間断なく働き変えており、すべてに仏性が宿る

という考え方が生まれ、定着していきます。


今回ご依頼された皆さまのそれぞれの思いが込もった品々は、
私たちを真実(仏法)へと導いて下さる「仏」だったのではないか、と思えた一日でございました。


冷え込みもだいぶ厳しくなってきました。
どうぞお身体を大事になさってお過ごしください。
この度は尊いご縁を有り難うございました。

(釋俊道)

ご報告遅くなりまして申し訳ございませんでした。




posted by 副住職 at 23:16| Comment(0) | 法要終わりました

2016年11月16日

【受取報告】新潟県上越市H様

平成28年11月10日、長野本院でご遺品を受け取りました。

11月18日に長野に行きまして法要・お焚き上げをする予定です。
法要が終わりましたらこのブログで報告いたしますので、もう少々お待ち下さい。

なお、領収証は本日(11月16日)発送しましたのでご確認くださませ。


posted by 副住職 at 09:43| Comment(0) | 受け取りました

2016年10月21日

【受取報告】埼玉県坂戸市H様

平成28年10月19日、千葉県流山市高井寺寺務所にて、埼玉県坂戸市Hさまの仏像とお守り、確かにお預かりしました。
11月中旬頃、長野の本院で法要の予定です。
法要後、本堂の内陣にお奉(まつ)りしたいと思います。

完了しましたら、またこのブログにて報告いたしますので、
もう少々お待ち下さい。

仏像とお守り
posted by 副住職 at 09:27| Comment(0) | 受け取りました

2016年10月12日

【法要完了報告】平成28年10月11日

平成28年10月11日(火)長野県高山村の高井寺本堂にて、東京都文京区M様 愛知県豊橋市O様茨城県牛久市N様からお預かりしました、ご遺品や仏像・お位牌などの感謝の法要をお勤めしました。

茨城県牛久市N様からお預かりしましたご遺影です。
DSC_0226.JPG

愛知県豊橋市O様からお預かりしました仏像やお位牌です。
DSC_0227.JPG

東京都文京区M様からお預かりしましたご遺品です。
DSC_0224.JPG

内陣にお飾りしまして感謝の法要をお勤めしました。
※当日一人でしたので、法要中の写真が撮れませんでした。申し訳ございません。
DSC_0231.JPG

DSC_0238.JPG

法要終了後、お焚き上げ出来るものと出来ないものに分別させていただきまして、
出来るものについては、境内の焼却場に移動しまして、お焚き上げをいたしました。

ガラス、せともの、金属、カセットテープなどお焚き上げ出来ないものについては、後日、適切に処分させていただきますので、ご安心ください。

DSC_0242.JPG

四十九日でお引き取りしました白木のお位牌とともに、お焚き上げいたします。

DSC_0263.JPG


浄土真宗の葬儀においては、『導師は「亡くなった方」である』とよく言われます。
そして必ず親鸞聖人の書かれた以下の和讃を拝読し、故人を讃嘆します。


本願力にあひぬれば むなしくすぐるひとぞなき

功徳の宝海みちみちて 煩悩の濁水へだてなし



人は皆、それぞれのご縁の中で、それぞれの分野で、
なすべきことに取り組み、成功する方もいれば失敗する方もいる・・・。
そして長生きをする方もいれば、幼くして亡くなってしまう方もいる・・・。
また、家族に看取られて亡くなる方もいれば、孤独に亡くなっていく方もいる・・・。

しかしながら、どんな生き方であろうが、またどんな亡くなり方であろうが、
等しく、お浄土へと還らせていただく・・・。

そしてそれは今生きている私達も同様、どんな人生を送ろうが、どんな死に様だろうが、
いつの日か縁が尽きた時、お浄土へと還らせていただく身です。

葬儀は身近な人の「死」に出会う場です。
葬儀は人の「生死(しょうじ)」に出会う場です。
葬儀は、この真理に出会う機会です。

この真理(諸行無常の理)は、故人が自らの身をもって、自らのいのちをもって、私達にお諭しくださった大切な教えです。

この機会に出会うことが、「本願力にあひぬれば」ということでもあります。

故人は、『自分が生きることの出来なかった「今日」というこの「一日」をしっかり生きて欲しい』、と願われていることでしょう。

その願いを受け止め、そして、「生死(しょうじ)」を受け止め、受入れていく生き方は、決してむなしいものとはならないはずです。

寒くなって参りました。

どうぞお身体ご自愛ください。

南無阿弥陀仏

合掌

posted by 副住職 at 22:53| Comment(0) | 法要終わりました

2016年10月10日

【受取報告】茨城県牛久市N様

平成28年10月7日、千葉県流山市高井寺寺務所にて、茨城県牛久市Nさまのご遺影・お位牌をお預かりしました。
明日10月11日に長野の本院で法要・お焚き上げの予定です。
完了しましたら、またこのブログにて報告いたしますので、
もう少々お待ち下さい。

牛久市N様
posted by 副住職 at 21:00| Comment(0) | 受け取りました

2016年10月03日

【受取報告】東京都文京区M様 愛知県豊橋市O様

東京都文京区M様 愛知県豊橋市O様からのご遺品、仏像・仏具を長野にてお預かりしました。
10月11日に長野の本院に戻る予定ですので、もう少々お待ち下さいませ。
このブログにて報告いたします。

また豊橋市のO様へ 領収書を本日(10/3)発送致しました。

※写真用意出来ませんで申し訳ございません。


posted by 副住職 at 17:02| Comment(0) | 受け取りました

【受取・法要完了報告】埼玉県北足立郡O様 鳥取県A様 平成28年9月22日





平成28年9月22日(木)長野県高山村の高井寺本堂にて、埼玉県Oさま、鳥取県A様からお預かりしました、仏壇・ご本尊、お位牌の感謝の法要をお勤めしました。

DSC_0185.JPG


まだ綺麗なお仏壇と仏具でした。

DSC_0191.JPG

内陣にお飾りします。

DSC_0205.JPG


感謝のお勤めを行いました。

当日葬儀がありましたことと、雨が降っていたので、お焚きあげは後日行いました。
写真が撮れませんで申し訳ございません。

香炉などの仏具については焼却できませんので、適切に処分もしくは、使えるものについては再利用させていただきたいと思います。

この度は尊いご縁を有り難うございました。
posted by 副住職 at 14:31| Comment(0) | 法要終わりました

2016年08月26日

【受取・法要完了報告】鳥取県A様 平成28年8月19日

平成28年8月19日(金)長野県高山村の高井寺本堂にて、埼玉県Kさま、鳥取県A様からお預かりしました、仏像やお守りなどの感謝の法要をお勤めしました。

埼玉県K様からは仁王像や恵比寿さま、
鳥取県A様からは大きな阿弥陀さま、をお預かりしました。

DSC_0147.JPG

お預かりしました仏像などをお飾りしまして・・・

DSC_0154.JPG

「今まで有り難う!」こころをこめてお勤めいたしました。

DSC_0160.JPG

その後境内の焼却場に移動しまして、木製の仏像は、白木のお位牌などと共にお焚きあげしました。

DSC_0173.JPG

本来、「不可思議」「不可説」である真理そのもの(真如)を、私達人間にも「思議」「説けるよう」、「方便」として姿を現してくださっているのが仏様のお姿です。
もともとは木材であったものが、数多くのご縁のもと仏様としての姿になり、そしてこの度その役目を終え、煙と灰に還っていかれました。

お釈迦様は諸行無常の理を悟られました。

森にそびえる大木が色々なご縁で仏像として姿を変え、そしてまた今回のご縁で、煙と灰になり自然に還ってゆく・・・。
仏様としての姿・形は無くなりましたが、仏様そのものが無くなったわけではなく、
真理そのものにまた還っていかれただけ。

折しもお盆の季節です。

私達人間も、縁あり、たまたま今の姿・格好をしていますが、縁が尽きれば、やはり荼毘に付され、煙と骨として土に還ってゆく身です。

そして「いのち」もまた、決して無くなるのではなく、還ってゆくだけ。
「いのち」の「ふるさと」とも言えるお浄土に還ってゆくだけ。

お預かりしました仏像をお焚きあげしながら、ふとそんなことを思えた、お盆明けの一日でした。

まだまだ暑い日が続いております。
どうぞお身体お気をつけてお過ごし下さい。
この度は、尊いご縁を有り難うございました。


posted by 副住職 at 21:53| Comment(0) | 法要終わりました